マンション関係の仕事

マンション管理士の資格を取る

マンション関連業務に有利な資格

マンションを管理している会社に就職するためには、管理業務主任者試験だけではなく、マンション管理士の資格を持っていると高く評価されることとなります。難易度が高い資格であり、取得にはかなり勉強が必要になりますが、仕事に直接かかわってくる内容も多いので、実務で役立つスキルを資格試験の勉強を通じて身に付けていくことができるでしょう。他の資格を持って仕事をしているという人も、このマンション管理士の資格をWライセンスで持っていることで、顧客からの信頼を得ることができ、マンション関連の業務を受注しやすくなることでしょう。

マンション管理士とは

マンション管理士とは国家資格であり、マンションの専門家のことを指す名称独占資格です。したがって、試験に合格して登録をしていなければマンション管理士を名乗ることが出来ません。仕事の内容としては、マンションの様々なトラブルに対応して住民の立場からアドバイスをします。今後は、老朽化のため建て替えや大規模修繕を行う必要が出てきます。この様な工事は総会の大多数の賛成が必要となりますが、なかなか意見がまとまらないために意見を中立的に見てくれる人が必要になります。その様な際には、中立的な立場に立って話を行うため今後はニーズの増加が考えられています。

↑PAGE TOP