マンションの求人

マンション管理士の仕事につく

マンション管理士の求人について

マンション管理士の就職方法はいくつかあります。一つ目がマンション管理会社の求人を見て応募する方法です。これは、管理会社が専門家を求めているためですが、一般的には管理業務主任者を求めている方が多いです。そのため、二つ目の方法である管理組合との顧問契約を結ぶ方法です。管理組合との顧問契約は専任の管理者になって居住者のサポートにあたることを意味します。そのため、マンション管理会社が管理している物件ではなく自治管理の物件の方が求人として多いです。今は高齢化のため管理が行き届きにくくなっています。そのような物件が今後も増えるためマンション管理士の需要は高まると思われます。

マンション管理士の取得のすすめ

分譲マンションを所有をしている人はご存知だと思いますが、マンションの維持管理をおこなっていくのは所有者の団体である管理組合が自ら行う必要があります。一般的には管理会社にその業務の一部を委託していることが多いとは思いますが、管理会社は営利企業であり、所有者とは利益相反の関係にもなります。管理会社任せ、管理会社のいいなりの管理組合運営にならないためには、所有者それぞれが高い意識と専門的な知識を備える必要がありますので、どのように準備をしたらよいのかなかなかわからないという方はマンション管理士の勉強をされることをお勧めします。この資格を持てば、管理会社の担当者から一目置かれることは間違いありません。必要以上に利益を取られないためにも、率先して取得されることをお勧めします。

↑PAGE TOP