マンションの資格

マンションの資格の難易度

マンション管理士の合格率

マンションの管理会社への就職を希望されているならば是非、マンション管理士の資格を取得して下さい。合格率は8パーセント前後となっており、士業であるため決して簡単なものではなく、勉強時間も多くの時間を必要とします。しかしながら、試験範囲が管理業務主任者ととても似通っており別々に勉強する必要がなく二つの資格を取得することが出来ます。そのため、マンション管理士に合格出来る知識が得られたならば管理業務主任者に合格出来るはずです。管理業務管理業務主任者も求めている会社が多いことより、併せて取得することによりさらに、有利にマンション管理会社への就職が出来ると思われます。

マンション管理士の役割

マンションは建設当時は外壁も綺麗で、内部の什器も綺麗な状態です。しかし、経年劣化による痛みは避けられません。代表的な経年劣化としては、外壁の汚れ、クラック、階段の汚れ、床面の剥離、水回りの配管の腐食等の進行があげられます。美観が損なわれるだけではなく、資産価値も目減りしてきます。そのような状態を少しでも食い止めて、資産価値を保持するためには適正に維持管理する必要があります。マンションを管理するために、管理に関する法令が整備されており、その法令の一つに「マンション管理士」という資格者について定められており、管理組合に対して、定期的な修繕や保全についてのアドバイスを行い、資産価値の保全を図っています。

↑PAGE TOP